保険会社次第?交通事故と慰謝料の関係

交通事故に巻き込まれれば弱り目に祟り目

交通事故というのは自分が注意して運転をしていたとしても、不注意な運転をする車がいるときどうしても起こってしまうものです。
さらに自分のせいではないのに自分にまで車の弁償代がかかってしまう。
どうすれば未然に交通事故とうものを防ぐことができるのだろうか。

アイサイトなどの法整備が急がれる

それはまず、車がぶつっかてきても機械が察知して止まる車の普及を急ぐ必要があると私は思う。
スバルのアイサイトなど「全車速追従機能付クルーズコントロール」などの発明だ。
そうすれば車の接触事故は起こらない。
さらに車の弁償代もいらないし、慰謝料の心配もない。
そもそも慰謝料というのは車の事故によって事故を受けた側が普段の生活に及ぼす人体障害を引き起こすほどのけが、もしくは自己を受けた側がなくなってしまったときに発生するものである。

保険に入っておくことが転ばぬ先の杖

しかし、事故を起こした側がもし悪気がなかった場合もしくはお金を払えなくなる場合、その時はどうすればよいのだろうか。
ます、事故にそなえて保険の手続きをすることを私は強くすすめる。
ただ、保険とはどのような種類があるのだろうか。
もし事故をおこしたらどのようにして保険金をもらうことができるのか。
また、慰謝料というものは自分で金額を決めることができるということをしっているのだろうか。
しかし、その額に関する知識がない方、その金額の計算ができない人、示談交渉ができない方、は要注意が必要である。
なぜならば、保険会社というものは交通事故の専門家です。
つまり、示談交渉に優れています。
そして、会社の利益を守るために支払い額を不当な額に設定するのです。
つまり、世の中、頭の悪い、つまり勉強をみづから行わない人間が損するようにできているのです。
そうならないためにもどうしたら事故をふせげるのか、賠償金額についてどのような決まりがあるのか自分で勉強する必要があると私は思います。