交通事故でもらえる慰謝料の金額は交渉次第で変わる

交通事故で請求する項目

交通事故は予期せぬ時に起きてしまうものです。
青信号で横断歩道を渡っている時や自転車に乗っている時に、自動車との接触事故が起きることはよくあります。
歩行者や自転車に乗っている人が自動車と接触すると、大怪我をする可能性が高くなります。
場合によっては、死亡事故につながることもあります。

交通事故でケガをした場合

事故で怪我をした時は、手術代や薬代などの治療にかかる費用の他、入院費、通院するための交通費などを加害者側に請求することができます。
怪我をした人が仕事を持っていた場合は、事故に遭わなければ稼げていたはずの金額も請求できます。
怪我が完治せず、後遺症が出た場合は、今後の治療にかかる費用を請求できます。
怪我の状態がひどくて介護が必要となった場合は、介護に必要な費用を要求することができます。
介護費用には、介護器具だけでなく、家をリフォームするのにかかる費用も含まれます。

精神的苦痛に関する慰謝料

また、事故による精神的苦痛に関して慰謝料を求めることも可能です。
どれくらいの費用を請求できるのかは、事故で受けた損害の大きさによって変わってきます。
損害賠償費用について、各保険会社はある程度の目安を設けています。
ところが、保険会社が提示する金額に納得できない被害者は少なくありません。
金額が少なすぎると感じた時は、交渉次第でもらえる金額が大幅に増える可能性があります。
交通事故が死亡事故になった場合は、被害者に代わって遺族が慰謝料などの損害賠償を請求することになります。
慰謝料には遺族が受けた精神的苦痛も含まれます。
交通事故の損害賠償金額を増やすためには、加害者側の保険会社との交渉を有利に進めることが重要です。
納得できないからといって怒りをあらわにしてしまうと、不利な状態を招くことになります。
冷静沈着に話し合いを行う必要があります。