自動車同士の交通事故後の一般的な手続概要

交通事故を起こしてしまった場合

自動車同士の交通事故を起こした際には、自他の責任の有無等よりまず第一にすべきことは負傷者の有無の確認が何よりも大切です。
そして、もし負傷者がある場合にはその者を助けることが一番重要で、具体的には救急車の手配等をすることが常に人に傷害を与える危険性のある自動車を運転する者の責任です。

救命救護、多重事故を防ぐ処置を取る

次に、事故の程度に関わらず必ず警察に通報することが道路交通法で定められており、その際車両や事故によって破損し物がその現場の交通の妨げとならないよう路肩に寄せるなど道路交通の安全を確保する配慮も必要です。
そして、警察に通報する一方で事故の相手方や目撃者の連絡先を聞いてノートに書き留めて置き、余裕があれば事故の状況や車両の状態を携帯電話等の写真機能で撮影して置くと証拠として有用です。

警察への通報が必要です

警察へ通報し両ドライバーが共に話しを聞ける状態にあれば、通常警察官が現場で調書を取り現場検証を行います。
もし重大な過失や飲酒等刑法に触れる行為があれば逮捕されることもありますが、その一方で両ドライバーの身体や車の走行自体に問題が無く非常に軽微な事故等の場合には最寄りの警察署へ両者が赴き調書を取られることもあります。
そして、この通報及び調書は事故証明の発行には欠かすことができず、その後保険会社に連絡する際にもこれがなければ判断の資料がありませんので保険金の請求をすることができません。
そこで、保険会社に関しての手続については警察での処理を行った後、出来るだけ早く両ドライバーがそれぞれの保険会社へ連絡を入れます。
これは自分に責任がない場合であってもまずは自分の保険会社に連絡を入れることで、任意保険に加入していれば相手方との示談交渉等を代わりに行ってくれます。